花柳もしほ日本舞踊教室-神奈川県横浜市の日本舞踊教室

神奈川県横浜市の日本舞踊教室

045-583-1420 メールでのお問い合わせ

日がな一日…

(2020年4月12日)

長唄『外記猿』の歌詞ではありませんが、

「日がな一日、鎌を片手になぁ…」と、自粛生活の中で、雑草むしりに夢中になっています。

以前、TVで観て購入した、抜群の切れ味の「嫁戻り鎌」(※)をそろそろ追加購入しようかと、お店にお電話してみました。

何度もベルを鳴らして、漸く新潟訛りの職人さんが電話に出ました。

「今、丁度研いでたところだから」と。

その後、鎌の手入れについての説明や、嫁戻りの鎌は、全てお一人で作られていることや、特別に刈れる鎌についての話を、楽しく聞いていたら、とんでもなく長電話をしていた事に気づきました。

毎日、コロナウィルスの事で頭が一杯になっていたので、きっとそんなことは気にせず(←私の勝手なる想像ですが。)、毎日刃物に向き合う職人さんの日常に触れ、何か猛烈に救われるような気がしました。

論語の冒頭「人知れずして恨みず」(人に認められようが認められまいが、そんな事に気を留めない)という言葉が思い出され、こういう時は、「人知れずして」という生き方を見直したいものだと改めて思いました。

※「嫁戻り鎌」

一度聞いたら忘れられないネーミング!!ホームページによると

草取りばかりさせられて嫌になった嫁が里に戻った。
ところが、この鎌を手にしたら能率よく草取りができるので
また、嫁ぎ先に戻ってきた。

そのくらい切れ味抜群
軽くて疲れない
刃こぼれしない
安い)

との事。

職人さん手作りの鎌!なんと1320円!

この価格に頭が下がります。

こういうもの購入出来る事にこそ、真の喜びを感じます。

とにかくとんでもなく素晴らしい切れ味で、一番厄介な笹竹までジャリジャリと刈れる鎌です!

来週には在庫が揃うそうですので、この機会にどうぞ。

中長鋸製販

☆横浜市鶴見区

花柳もしほ日本舞踊教室☆

日本舞踊教室のご案内
新着情報

2020年09月24日
心を緩める

2020年09月18日
秋の掛け軸

2020年09月14日
雨の日ディナー

2020年09月11日
鮎は悪人顔?

2020年09月09日
重陽の節句